(89)パナソニックのフローリング比較/直貼りのメリットとデメリット

地下室付き築15年RC造(鉄筋コンクリート造)事務所ビルをフルリノベーションして住んでいるRC4tani(@rc4tani)です。

リノベーション工事は15日目となりました。
当家のLDK(2階)と寝室(3階)は普通のフローリング材を使用していますが、4階にある子供部屋はふわふわ感を嫌う人もいる直貼りフローリング材(パナソニック)を採用することにしました。

本日は直貼りフローリングのメリット(下地がないためトータルの施工費用が安くなる、天井高さを確保できる)、デメリットと使い心地を説明します。

尚、デメリットである「ふわふわ感」は直ぐに慣れますのでご心配なく。

~これまで の あらすじ~
都心で4LDKを探したところ新築マンションは高過ぎて断念偶然みつけた地下室付4階建中古ビルをリノベーションして住むことを決断リフォーム会社7社へコンタクトの結果(見積比較表あり)、「東京ガスリモデリング」を発注先に決定。三井住友信託銀行と中古住宅ローン(リノベーション費用含む)を締結し中古ビルを購入しました。(82)よりリノベーション工事が開始され、、解体工事が階段室を除き終わり、内装工事が開始されたところです。 ブログ概要リノベーションブログのあらすじ

1.パナソニック製の直貼りフローリング施工(4階)

初めての方のために間取り図を再掲します(建坪10.5坪、延床面積52坪)。

4階のお話しです
まずは4階のお話しです

さてこの日の出来事は約2年弱前の話となりますが良く覚えております。
というのも4階ではパナソニック製直貼りフローリングの貼り方が開始されていたのです。
リノベーション工事が始まって約2週間が経過しました。
事務所ビルという雰囲気がこの日を境に住宅らしい要素が出てきたため感動したことを覚えております。

4階フローリング貼り開始(1枚目)
4階フローリング貼り開始(1枚目)

上の写真は4階のふわふわフローリング貼り(直貼りフローリング)の状況です。直貼りなので施工が簡単なのか、この後、凄い勢いで敷き詰められていきました(笑)。

4階フローリング貼り開始(2枚目)
4階フローリング貼り開始(2枚目)
4階フローリング貼り開始(3枚目)
4階フローリング貼り開始(3枚目)。全て同じ場所を撮影しております。

2.フローリングが貼られて事務所が住宅になることを実感

4月1日にリノベーション工事が着工されたものの、これまでの工事は天井や壁の内装を剥がす程度のものでした、今振り返ればスロースタートだったと思います。
ところがこの日、4階ではタイルカーペットが剥がされて、コンクリートの床が露出していました。そこにいきなり直貼りフローリングが貼りつけされたのです。

参考まで直貼りフローリング前の4階写真を掲載します。床はコンクリートスラブにタイルカーペットが直貼りされており壁紙は白色のビニールクロスでした。
関連記事 4階のリノベーション前後写真

リノベーション前の4階写真
リノベーション前の4階写真。前ビルオーナーが社長室として使用されていたと伺っています。

3.パナソニック直貼りフローリング材『リアロオーク柄』

当家の1階から3階までの床は木の固さを感じられるフローリング(板)としましたが、4階だけはコンクリート直貼り方式のフローリング、すなわち「ふわふわするフローリング」を採用しました。
フワフワ感が分かるように「直貼りフローリング」を踏んでいる映像を用意してみました。
上からみたものと低角度の2つの映像があります(2つ目の低角度からの映像では、少しフローリングが凹むのが分かります)。

【上からの映像】

【低角度からの映像】

製品名は『Panasonic製リアロオーク柄(シート)VKLH45EX   46,500円(税抜)/ケース(3.05m2(Panasonic社HPへリンク)』です(2015年5月生産終了品です。)

4.パナソニックのフローリング床材比較表

折角なのでパナソニックの床材(直貼りを含む)の製品ラインナップ表にしてみましたので、床材の選択にご活用下さい。

【パナソニック フローリング材】

パナソニック床材ラインアップ
パナソニック床材ラインアップ

5.パナソニック直貼りフローリング採用理由

本当は4階も1~3階同様に固いフローリング(パナソニック)にしたかったのですが、3つの理由により「ふわふわ」フローリングを選択しました。

【ふわふわするフローリングとした理由】

  1. 4階の広さと使途(前提条件)
  2. 資金的なゆとりがなくフローリング施工費を安くしたかった
  3. 天井高さを高くしたかったこと
  4. 廊下からの段差をなくしたかったこと

(0)4階の広さと使途

4階を二部屋に分割
4階を二部屋に分割

まず4階の広さと使途(案)について説明します。
4階は12畳の広さがあり、将来は子供部屋として2つに分割して娘2名の子供部屋として使う予定です。

しかし子供は親のそばで遊びたがりますので、2階にLDKがある以上、しばらくの間は子供達がわざわざ4階で遊ぶ頻度は少ないとの読みがありました。

つまり、当面、使用頻度は低いという予想です。よって部屋は現段階では分割せず12畳のままにしています(結果は大正解です。間仕切りは当面先で良いと思っています)。

4階の間取り図。将来、子供部屋のために2部屋に分ける可能性があるため、天井の一部には「下地施工」を行ってもらいます。
4階の間取り図。将来、子供部屋のために2部屋に分ける可能性があるため、天井の一部には「下地施工」を行ってもらいます。

(1)直貼りフローリングのコストメリット

その上で、「パナソニック製のふわふわするフローリング(直貼りフローリング)」を採用した最大の理由は資金的な理由です。

固いフローリングを貼る場合は、下地を組んで水平をきっちりと出す必要があります
素人目には事務所の床はコンクリートでしっかりと平らになっているようですが、東京ガスリモデリングの方曰く「直接、板を貼ると凸凹になりますよ」とのことでした。つまり、お金が掛かるということです。

しかし、フローリング用の下地を作らずとも「直貼りフローリング」製品は下地を組まずとも直接、コンクリート面にフローリングを貼ることが出来るのです。

そのようなことが可能となる理由は、フローリングの裏側が一定の厚みのある、やわらかい素材で出来ており、床面が“完全”な水平面でなくとも貼れるという製品です。
下地を組まなくて良い分、施工費用が格段に安くなります。

通常のフローリングと直貼りフローリングの比較は項目「5.」で説明します。

(2)天井高さの確保

価格メリット追求以外の理由として「天井高さを高くしたかった」ことがあります。最上階となる4階は夏の暑さ対策として天井(屋上)と二重天井の間に、断熱材を出来る限り入れようとしています

2階や3階と比較すると、4階は断熱材の厚み分だけ二重天井の高さが低くなります。居室高さへの影響を避けるためフローリングを直貼りにすることで、4階は床の厚みが70mm程薄くなります。その分、二重天井の高さにゆとりが取れることになります。

結果的に4階は普通のフローリングとした2階、3階の天井高さと同じ2,450mmの天井高さを確保することが出来ました。

天井高さUPが分かる記事 天井高さUP記事

(3)廊下からの段差をなくす

廊下からの段差をなくすについては、まずは下の写真を参照されて下さい。

1213
階段室から2階と3階へは上の写真の通り、フローリングを組んだため段差が70mmあります。部屋が汚くてすいません。m(__)m
3ふぁふぁd
4階は、階段室から部屋に入るところは、ほぼ段差はありません。その代わり、ふわふわフローリングです。部屋が汚くてすいません。

ビルをリノベーションした場合の最大の難点は、階段エリアから居室への入る際の段差となります。詳細は次項目で説明させて頂きます。

以下、当時の見積書から積算数値を拾ってみましたので参考にされて下さい。
当家では使用していませんが、当然ながら無垢の床材を使用したりすると、その分、コストは高くなります。


6.直貼りフローリングと通常フローリングの施工費・材料費の違い比較(パナソニック)

それでは、当家のリノベーションで採用した通常フリーリングと直貼りフローリングの金額を参考まで開示します。尚、床材は全てパナソニック製です。

【直貼りフローリングと通常フローリングの施工費・材料費の違い(金額は定価)】

No 項目 通常のフローリング
(パナソニック製)
直貼りフローリング
(パナソニック製)
1 床下地用合板張り(針葉樹合板) 2,400円/m2 不要
2 超低床式フリーフロア 5,200円/m2 不要
3 床材 28,000円/ケース
(数量は省略)
46,500円/ケースx7ケース
4 接着剤 不要 20,300円/缶x2缶
5 フローリング張り手間 3,300円/m2 4,500円/m2



7.事務所リノベーションは「床の段差」に注意

1213

3ふぁふぁd

写真をご覧頂ければ通常フローリングと直貼りフローリングの床の厚みの差は歴然としております。
元の建物は事務所仕様で作られています(大手ゼネコン施工の135万円/坪もするRC造建物です)。事務所なので土足使用に耐えうるようにの階段の素材はビニール床ですし、各フロアはコンクリートに直接、タイルカーペットが貼られていました(ITフロアにもなっていません)。要は全て「薄い」素材で床が作られていました。そこを住宅用にリノベーションするので、どうしても段差が出てきてしまうのです。この点は事務所リノベーションでは特に注意が必要と思われます。

8.直貼りフローリングの感想

施工前に東京ガスリモデリングの担当者の方が、4階のフローリングは「直ぐに慣れます」と言われていました。
一方、私自身は「ふわふわするフローリング」なんて絶対嫌だと考えていましたし、リノベーションが終わって初めて4階に足を踏み入れた時は、「あーあ、残念」と感じました。

ところが、人間って慣れるもんなんです! 現在では、全く気になりません(笑)。
天井高さも確保出来て、階段室から部屋に入る際の段差もない点が非常に気に入っています。子供が積み木を積み上げても、床が原因で崩れることも殆どありません。

直貼りフローリングと積み木
直貼りフローリングと積み木

一方、先の写真の通り、2階と3階は階段室から部屋に入る際に段差が7cm発生します。しかしこの段差も慣れるもんなんです!(繰り返し)。入居して約1年が経過していますが、現在では全く気になりません。まぁ、今でいうバリアフリーの住宅を高く評価される方にとっては「ありえない」家なのでしょうが、地下1階、地上4階建て(5層構造)にエレベーター無しで住んでいる時点で、バリアフリーとは全く無縁の住宅ですから、この程度の段差は気になりません(笑)。脚力が付いて、逆に永い間、健脚で過ごせると思います。


【パナソニック フローリング材】

 

楽天ウェブサービスセンター

9.明日の予告

昨日予告した下記写真について説明仕切れませんでしたので(笑)、明日こそは、下記写真を使って「事務所のリノベーション」独特の事項について説明させて頂きます(4階の話となります)。(続く。次の記事『(90)RC造スケルトンリノベーション(リフォーム)/工事15日目』へ)

予告写真です。2階。
予告写真。

住宅設備の周回コース
短時間でニッチ・内窓・稼働棚・WISC・下駄箱・ライティングレール・フローリング・引き戸・網戸など住宅設備記事だけ読める「住設周回コース」を用意しました。 ここは(89)です
スマホでは画像を指で左右にスワイプすると便利です(^^)/ 
ブログ管理人プロフィール

ブログ著者からのご挨拶/中古事務所ビルを『2割』値引きして購入後、住宅にコンバージョン(リノベーション)して住んでいます

リノベーション
こんにちは、RC4taniです。 福岡県出身。 総合商社に勤める都内在住のサラリーマンです(40歳代前半)。 100m2超の新築マンションは高過ぎて購入を断念。視野を広げて、中古の狭小事務所ビルを購入後、住宅にコンバージョン(リノベーション)して東京・山手線内側に170m2の戸建てマイホームを手に入れました。 >>続きを読む