(139)横引きロール網戸




 

横引きロール網戸
(イラスト)横引きロール網戸(セイキグループ製。製品名:マドロール)

リノベーション工事も3ヵ月目も終わりに近づいて来ました。打ち合わせ項目は多岐に渡っており、現場で施工完了済の住宅設備をはじめてみて、住宅設備の進化を感じて感激することも多々ありました。
本日は、リノベーション後半で採用が決まった「厚さ60mm」の“横引きロール網戸(マドロール)”の施工写真、取り付け方法にフォーカスして説明させて頂きます。

 

 

ブログ全体構成
本ブログは中古ビルのリノベーションについて最初のページ継続しております。中古ビルとの出会いやリフォーム会社7社への相見積もりの話など(1)よりお読み頂ければよりお楽しみ頂けると思います。ブログ全ページのサイトマップ(text), サイトマップ(人気順)もご活用下さい。
画面左列中段にある『カテゴリー』からクリック頂くと、古いブログから新しいブログへ本のように読めます。(携帯の方へ:画面右上の「三」を押すとPC表示画面の左列が表示されます)

~これまで の あらすじ~
都心で4LDKを探したところ新築マンションは高過ぎて断念偶然みつけた地下室付4階建中古ビルをリノベーションして住むことを決断リフォーム会社7社へコンタクト結果、「東京ガスリモデリング」を発注先に決定。中古住宅ローン(リノベーション費用含む)を締結し中古ビルを購入しました。(82)よりリノベーション工事が開始され、3ヵ月目に突入しています。

目次
1.英国生活で分かった驚きの事実2点
2.縦滑り出し窓に網戸を取り付けたい
3.縦滑り出し窓に「横引きロール網戸」を取り付ける
4.横引きロール網戸の施工写真
5.横引きロール網戸の取り付け方法
6.横引きロール網戸(製品名:マドロール)の製品オーダーサイズと片開き・両開き
7.横引きロール網戸(製品名:マドロール)の製品色
8.マドロールの注文方法

1.英国生活で分かった驚きの事実2点

2016-05-28_100836

中古ビルを購入して東京ガスリモデリングでリノベーションして貰って住んでおりますが、その前はイギリス(英国)に駐在していました。イギリスに住んで居て日本より明らかに快適だった事実が2点あります。

1)夏の気温は低く湿度が低いので多くの家にはエアコンがないこと
2)蚊がいないこと

転勤が決まり賃貸住宅を探している際、驚いたことは殆どの家庭には「エアコンがない」ということでした。
イギリスでは夏場の気温は25度程度までしか上昇しない上、湿度も日本と比較すれば低く、夏でも建物の中に居れば涼しく、非常に過ごし易い環境でした。実際、私が住んで居た家もエアコンはありませんでしたが、エアコンが欲しいと思ったことは一度もありませんでした。

あと驚きの事実2点目ですが「蚊がいませんでした」。

そのため、イギリスの家庭では夏は窓を開けるだけで十分涼しく蚊も入ってこないという環境でしたので、網戸というものを見かけることはありませんでした。

2.縦滑り出し窓に網戸を取り付けたい

さて、一方日本では、高温多湿の気候ゆえ特に夏場は蚊が発生しますので、住宅において網戸使用は必須です。

縦滑り出し窓
(写真)縦滑り出し窓

しかしながら、事務所仕様の中古ビルを購入したため、大型の引き違い窓には網戸が据え付けてあったものの、建物数か所に採用されていた「縦滑り出し窓」には網戸がありませんでした。

日本の夏を過ごす上で「網戸のない窓」は蚊の侵入を考慮すると、実質、開けることが出来ませんので生活上の大きなストレスになります。そこで東京ガスリモデリング担当者に相談しました。

 

 

3.縦滑り出し窓に「横引きロール網戸」を取り付ける

私は、「引き違い窓」に採用されている網戸や、勝手口に使われている「折りたたみ網戸」といった昔からあるような網戸しか見たことがありませんでした。
上述の「縦滑り出し窓」では、引き違い型の網戸は設置できませんので、私の経験では「折りたたみ網戸」が唯一の解決策となります。しかしここで一つ問題が発生しました。

縦滑り出し窓への安全用手摺の取り付け
(写真)縦滑り出し窓への安全用手摺の取り付け

この建物、ラーメン構造のRC造であり壁が耐力壁になっておらず、事務所ということから一般家庭と比較して窓が大きく作られています。結果的に窓枠の下端が床から850mm程度と低い位置にあります。左記写真は4階部分ですが、小さな子供も3人住むこともありますが、それ以上に大人でも転落の危険を感じてしまう腰壁の低さなので、東京ガスリモデリングには窓枠に安全バーを取り付けることを依頼しました。

しかし、写真の通り安全バーを取り付けると「折りたたみ網戸」は安全バーが邪魔をして採用出来ないことになります。

そこで東京ガスリモデリング担当者より提案されたのが「横引きロール網戸」でした。窓幅にコンパクトに納まり、一番厚みがある場所で僅か60mm。見事に問題を解決してくれた住宅設備でした。

 

4.横引きロール網戸の施工写真

横引きロール網戸施工写真(1)
横引きロール網戸(マドロール)施工写真(1)
横引きロール網戸施工写真(2)
横引きロール網戸(マドロール)施工写真(2)
横引きロール網戸を引き出したところ
横引きロール網戸(マドロール)を引き出したところ

写真の通り横引きロール網戸の取り付け幅は、網戸が収納されるロール機構がある部分でわずか60mmです。この網戸であれば、「引き違い網戸」や「折りたたみ網戸」が使えないような場所でも設置することが出来ます。また未利用時の納まりも良く見た目もすっきりして良いと満足しています。

5.横引きロール網戸の取り付け方法

製品は網戸なので軽く、施工状況を全て観察したリクシルの断熱内窓「インプラス」の経験から述べさせて頂くと、相対比較すると間違いなく自分で簡単に取り付け出来るものです。
それでは、施工方法を説明致します。

1)ビス取り付け位置

横引きロール網戸(マドロール)のビス止め位置
(写真ー図ー写真)横引きロール網戸(マドロール)のビス止め位置(クリックで拡大します)

上述の通り、縦辺は各3箇所ずつ(赤丸箇所)、上辺と下辺は各1箇所ずつをごく普通にビス留するだけです。

2)ロール網戸取付施工方法(ビス取り付け順序含む)

ロール網戸部品構成
(図)ロール網戸部品構成

ロール網戸は、大きく分けて「L字型アングル」と「本体」の二つに分解されます。
まずL字型アングルをビスで窓枠に取り付けて、その後「本体」を取り付けます。最後に固定を良くするため、「上レール固定金具」と「下レール固定金具」を取り付けて完成です。

6.横引きロール網戸(製品名:マドロール)の製品オーダーサイズと片開き・両開き

横引きロール網戸(マドロール)サイズ
横引きロール網戸(マドロール)サイズ(in RC4tani家)

当家で導入しているものは左記サイズとなっています。ロール網戸のうち、セイキ販売(株)の製品である「マドロール」の場合は、次表の通り、当家で導入した「片開きロール網戸」の他に使用場所に応じて「両開きロール網戸」も準備されています。

 

 

 

 

 

ロール網戸 製品オーダーサイズ
(図)ロール網戸 製品オーダーサイズ。1mm単位でのオーダーが可能となっています。

7.横引きロール網戸(製品名:マドロール)の製品色

当家で採用しているものは既存窓の窓枠の色が黒だったのでマドロールも「ブラック」を採用しています。しかし選べる色は全7色*あります。お部屋に合わせて選択出来るって素敵ですね。

マドロール(ホワイト)

マドロール(ステンカラー)

マドロール(シルバー)

マドロール(ブロンズ)

マドロール(ダークブロンズ)

マドロール(ブラック)

8.マドロールの注文方法

私は東京ガスリモデリング経由での発注でしたが、上述の通りmm単位でのオーダーが可能であり、取り付けも簡単です。注文する際には以下の要領で、製品が納まる額縁の内法寸法WHを測定します。

マドロール採寸方法
(図)マドロール採寸方法

地方の方やお時間の無い方でも、上述寸法さえ測っていればネット販売店で簡単に購入可能です。
楽天市場ロール網戸販売店(片開き)
楽天市場ロール網戸販売店(両開き)

楽天市場/防虫防犯玄関網戸

 

尚、ロール網戸は当家で採用したセイキ製以外にもYKK、川口技研等、各種メーカーより発売されておりますので、導入場所の条件に応じたものがきっと見つかると思います。
ロール網戸(各メーカー各種製品)

 

リフォーム、リノベーション時に良いロール網戸が見つかるといいですね。
いつも最後までご一読ありがとうございます。



【各階紹介】

【人気の記事】

【ブログ村コミュニティー】

家づくりの残念・失敗・後悔ポイント
家づくりおすすめできる事・できない事
家事がラクできる家づくりの工夫♪