(198) 床の見切り材

WISCと玄関の間の見切り材

中古事務所ビルをリノベーションして住んでいるRC4taniです。

リノベーションでもリフォームでも、細かな仕様を決める段階になると悩んでしまうのが「床の見切り材」です。
リフォームやリノベーションで拘りの床のある部屋を作った場合、隣の部屋の床材と拘りの部屋の床材が異なってしまいます。このような場合「見切り材」を入れることがあります。
以前書いた巾木(はばき)に続き、今回は「床の見切り材」について書いてみます。

見切り材とは
  • 仕上材の変わる取合の部分に入れる化粧部材。壁に設ける場合を「壁見切材」、床に設ける場合に「床見切材」と言います

 

“(198) 床の見切り材” の続きを読む

(197) 3階建て住宅のトイレ設置階について

1階のトイレ

中古事務所ビルをリノベーションして住んでいるRC4taniです。

住宅ブログを見ていたら3階建て新築やリフォーム物件で各階にトイレを付けるべきか、1階に1つだけで大丈夫か? ということを心配されていました。

当家は地下室付き4階建ての5層構造です(笑。団地風戸建て住宅です)がトイレは2箇所です。
この家に3年住んでいる経験から3階建ての住宅のトイレ設置階について思うところを書いてみたいと思います。

“(197) 3階建て住宅のトイレ設置階について” の続きを読む

(196)屋上へ続く螺旋階段?! リノベーション、素人の希望と現実

屋上へ続く螺旋階段を希望

地下室付きの中古事務所ビルをリノベーションして住んでいるRC4taniです。

本日のテーマは「屋上へ続く螺旋階段?! リノベーション、素人の希望と現実」です。
初めてのマイホームが中古ビル購入&リノベーションとなった当家。
中古ビル物件に出会った時はリノベーションという単語すら知りませんでした。
そんな私は当家の売りは「地下室」だけでなく、2024サイズのお風呂螺旋階段でつながる屋上・・・・などと、アレコレと初めてのマイホームに対する過大な期待をしていました。

本日は当時の改造計画を記した打ち合わせ書(エクセル)に基づき、家づくりの理想と結果までを振り返りたいと思います。家づくりの参考になれば幸いです。
“(196)屋上へ続く螺旋階段?! リノベーション、素人の希望と現実” の続きを読む