二重内窓断熱防音サッシ インプラス リフォーム

(74)インプラス(リクシル)導入。二重内窓断熱サッシのリフォーム。防音効果も評判以上!


(雑談)窓のリノベーションの話です。本日、我が家に二重内窓断熱防音サッシガラスのインプラス(リクシルLixilが販売)がリフォームで導入施工されました。サッシを二重窓化したことによりインプラス(リクシル製)の断熱効果遮音・防音効果が評判以上に凄く、冬のこの時期、特に結露に起因するカビの悩みも一発で解決出来そうなので、ブログに投稿させて頂きます。本日も22時30分から書き始めており、いつもの更新時間である00時02分に間に合うよう、急いでおります(汗)。

目次
1.【二重内窓断熱サッシ】インプラス(Lixil。リクシル)を導入しました。
2.製品名は『遮熱高断熱複層ガラス Low‐E複層ガラス 』
3.リノベーション時からの憧れでした。
4.資金状況が改善しましたので導入しました
5.二重内窓サッシ導入までの寒さについて
6.二重内窓サッシ(インプラス)導入工事の状況
7.結論
8.二重内窓サッシ(インナーサッシ)導入1週間後の感想
A)断熱効果
B)防音効果
9.インプラスの追加導入検討
10.終わりに

ブログ全体構成
中古ビルのリノベーションについて、最初のページ継続しております。中古ビルとの出会いやリフォーム会社7社への相見積もりの話など(1)よりお読み頂ければよりお楽しみ頂けます。ブログ全ページのサイトマップ(text), サイトマップ(人気順)もご活用下さい。
・PC
画面左列中段にある『カテゴリー』からクリック頂くと、古いブログから新しいブログへ本のように読めます。(携帯の方へ:画面右上の「三」を押すとPC表示画面の左列が表示されます)

~これまで の あらすじ~
都心で4LDKを探したところ、新築マンションは高過ぎて断念偶然みつけた地下室付4階建中古事務所ビルを購入することを決断リフォーム会社7社へコンタクト結果、「東京ガスリモデリング」を発注先に決定。C信託銀行と住宅ローン契約(リノベーション費用含む)を締結し中古ビルを購入し、2か月先の工事着工に向けた打ち合わを重ねているところです。

1.【二重内窓断熱防音サッシ】インプラス(リクシル)を導入しました

本日は午前中に当家にリフォーム導入された内窓(インプラス。リクシル)の体験談について書かせて頂きます。

インプラスと既存窓の写真
インプラスと既存窓の写真。事務所仕様のビルですので、窓枠幅が太く、インプラス用の樹脂製窓枠をドライバーで留めて、窓をはめるだけの簡単な作業でした。

2.製品名 インプラス 遮熱高断熱複層ガラス Low-E複層ガラス

製品名は、インプラス『遮熱高断熱複層ガラス Low‐E複層ガラス 』です。断熱(断熱)だけでも良いのですが、夏の太陽光が持っている熱も通しにくくする『遮熱』機能が追加されている製品を購入しました。なんでも、日射熱の60%をカットするそうです。導入は冬の1月に行いましたが、工事業者さんが日差しがある南面で、遮熱の効果を実感体験させて下さいました。窓を設置後、内窓を開けて、閉めてを交互にしました。

冬ですが、施工日は日差しが良い日でした。インプラスを通すと、顔が感じる熱が全く異なりました。純粋に感動しました。

まだ取り付けてから12時間も経過していませんが、内窓の凄さ(効果)を実感しております。当家は事務所仕様の窓なので、窓1枚が大きく、横幅が1mを超えており高い価格レンジの製品になりましたので、窓11枚で数十万円の投資となりましたが、感想は一言。

大満足です。

3.リノベーション時からの憧れでした。

以前のブログ『(65)ショールーム訪問(LIXIL、TOTO、タカラ、Panasonic)』でLixilのショールームをご紹介させて頂きました。ショールームには、内窓を体験できるゾーンがありその性能を実感できましたので、「インプラス」というブランドの内窓サッシについては、リノベーション計画中から非常に興味がありました。
しかし、リノベーション時に採用しなかったのは、表向きは「後から簡単に付けられる製品なので、まずは夏と冬を越えて考えよう」というものでした。本当の理由は皆さまご推察の通り、単純に(本当に)お金がなかったので導入は見送りせざるを得なかったというものでした。

4.資金状況が改善しましたので導入しました

住宅ローンに追われている状況ですが、コツコツと貯金を再開し、リノベーション終了から1年半を経過して、機が熟しましたので、リノベーションを行って頂いた東京ガスリモデリングに15年12月に発注を行っていました。

5.二重内窓サッシ導入までの寒さについて

インプラス導入前の結露写真
インプラス工事1時間前の朝8時の窓ガラスはガラス・サッシ共に結露。
既存窓は防火アルミサッシ窓(乙種防火戸)。準防火地域で4階建てなので防火建築物とする必要があるので金網入りです。
既存窓は防火アルミサッシ窓(乙種防火戸)。準防火地域で4階建てなので防火建築物とする必要があるので金網入りです。

本日のインプラス施工工事は朝9時からでしたが、8時時点の窓ガラスは結露で曇っています。アルミサッシ部分も水滴で一杯で、一部はカビのようなものも発生しています。

ここで一言お伝えしておきますと、当方自身は、実は結露によるカビはそれ程気になりません。なぜなら、いつもレースのカーテンを閉じていますのでカビが見えないためです(笑)。
よって内窓を導入したいと思った理由は、夏の暑さと冬の寒さです。

寒さについて。3階で家族5人が布団で寝ているのですが、窓側から寒さが伝わってきていました。3階の窓は全て「腰掛窓」ですが、カーテンはこれまたお金がなくて寝室にも係らず、床近くまでの長さはなく、窓の下端+5cmまでしかありません(表向きの理由は「短いカーテンの方が部屋がすっきり見えるから(笑)」。

3階(カーテンは短いもの)。写真はインプラス導入後。レース部分は常時閉めています。
3階(カーテンは短いもの)。写真はインプラス導入後。レース部分は常時閉めています。

リノベーション後の初めての冬は、余りに寒いので部屋が乾燥しないようデロンギのオイルヒーターを購入して夜通し利用していました。しかし1ヵ月の電気代が3.5万円に跳ね上がりましたので、直ぐにエアコンに切り替えました(電気代は2万円台まで下がりました)。(デロンギもいいんですけどね。電気でオイルを温めるというのは非効率です)

なぜそんなに寒いかと言うと、狭小事務所ビルなので構造的に2階(LDK)~3階(寝室)は部屋の4面に窓があるのです!(3階は押し入れを作って、実質3面となりましたが)。いくらRC造で気密性が高いと言えども、開口部が多い上に単板ガラスでは熱の出入りが多過ぎて、夏は暑く、冬は寒いという状況だったのです。

6.二重内窓サッシ(インプラス)導入工事の状況

さて、インプラスの導入は工事と呼ぶよりは実質「取り付け作業」と表現した方が良いと思われる工事でした。熱を伝えないように枠はペラペラの樹脂製なのですが、それを既存窓枠の4辺に設置してドライバーで固定し、窓をはめるだけ。11枚の窓を2名の作業員が僅か3時間で作業を終えました。

インプラスによる内窓 二重サッシの導入前
2階キッチン横作業前
二重内窓 インナーサッシ インプラスの2階キッチン横取付作業
二重内窓 インナーサッシ インプラスの2階キッチン横取付作業
インプラス(内窓。TOTO製) 導入工事完成後の写真
2階キッチン横作業後(完成)
インプラスを取りつけた窓枠の拡大写真。
インプラスを取りつけた窓枠の拡大写真。

取り付けるのは窓枠箇所です。作業者の方は、「最近のALC構造の家は窓枠の余りスペースが2cm程度しかなかったりして、枠をふかしての設置となりますが、この家は十分過ぎるゆとりがありますね」とのことでした。

7.結論

インプラスを導入して、内窓を増設し二重窓化することで光熱費を節約することが出来ることは間違いありませんが、10年、20年で元を取れるとは思いません。勿論、何割かは確実に回収できると思います。それでも、その間、非常に快適な生活が出来るので投資に対する成果の実感が大きく非常に満足しております。今夜は初めてのインプラスと一緒の夜です。どれだけ暖かいか楽しみです。
明日は、東京ガスリモデリングとの打ち合わせ状況について、説明を再開する予定です。(続く)

以下、【追記(2016-1-16)】

8.二重内窓(インナーサッシ)導入1週間後の感想

A)断熱効果

インプラス(二重内窓、樹脂製インナーサッシ)を導入して1週間が経過しました。インプラスを導入しての初めての夜は寒さがなく非常に快適に過ごせました。これまでは、「寒いなー」とか「風邪ひくなー」と思いながら窓際で寝ていましたが、今は全く思わなくなりました。寝る前に30分程度、エアコンで部屋を暖めたら朝までぐっすりです。

昼間も朝に30分程度、エアコンで部屋を暖めますと、その後はエアコンを止めています。室内の気温は16度程度を容易に保つことが出来るようになりました。インプラスのお蔭で、暑くもなく、寒くもなく快適に過ごせるようになりました。良いお金の使い方をしたと実感しています。

B)防音効果

断熱効果に期待して導入したインナーサッシ(内窓)ですが、二重サッシ化(二重窓化)により空気層が出来て防音という面でも効果が絶賛に値することが分かりました。リビングは2階にあるのですが、建物の前面道路は6.2m幅あります。抜け道的な道路になっていることもあり、頻繁に車やタクシーも通過します(タクシーは呼ばずに家の前で立っていれば空車を捕まえられます)。よって窓を閉めていても時々、トラックが家前を通過する際はTVの音が聞こえなくことが頻繁にありました。しかしインプラス導入後は、全くと言って良い程、外の音が気にならない程、小さくなりました(というか、聞えません)。インプラスそのものが二重ガラス(ペアガラス)を採用しており、既存の板ガラス1枚のアルミサッシと合わせて三重ガラスになりますので凄い防音効果です。

9.インプラスの追加導入検討

インプラス(高遮熱型複層ガラス)を導入した2階と3階が非常に快適になりましたが、一方で玄関(1階)と階段の寒さが気になるようになりました。窓際を通ると窓の「冷たさ」を感じるようになりました。これまでは「窓際は寒いのが当たり前」と勝手に自分の中で整理していたことが、窓際の温度に意識が高まったことから気になるようになったのだと思います。

階段室 大型窓(閉じた状態)
階段室 大型窓(閉じた状態)
階段室 大型窓(開いた状態)。網戸を内側に開く必要があり、インプラスを取り付けるには、網戸をロール式に取り換える必要があります。
階段室 大型窓(開いた状態)。網戸を内側に開く必要があり、インプラスを取り付けるには、網戸をロール網戸に取り換える必要があります。
階段室小窓。FIXタイプのインプラスへ変更予定。
階段室小窓。FIXタイプのインプラスへ変更予定。
玄関にある引違い窓。1枚の横幅が120cmもあるため、やや高い価格帯の製品を購入する必要があります(とほほ)。
玄関にある引違い窓。1枚の横幅が120cmもあるため、やや高い価格帯の製品を購入する必要があります(とほほ)。

ここまで快適になりますと、その他の窓にも是非導入したいと思いました。
インプラス導入後、翌日に早速、東京ガスリモデリングの担当者の方に、今回は予算面で導入を見送った1階と階段室の窓の見積を依頼しました。「引違い窓」1組(2枚)、階段室の大型窓3枚、階段室の小型窓3枚の合計8枚です。

階段室の大型窓は網戸がついており、現状、網戸が内側に開くため、ロール網戸へ取り換える予定です。階段室の小型窓は入居以来、高いところにあることと、隣家に接している窓ということもあり1度も開けていませんから、インプラス(内窓)はFix窓とする予定です。

4階子供部屋にのみ導入済のロール式網戸(未利用時)
4階子供部屋にのみ導入済のロール式網戸(未利用時)
ロール式網戸(利用時)
ロール式網戸(利用時)

人件費を含めると合計で30万円程度と高額です(涙)。頑張って節約して毎月3万円程度ずつ貯金を重ね、今年の10月頃に追加導入する予定です。どのように変わるか、また報告させて頂きます。


【ブログ村コミュニティー】
Web内覧会

リビング ダイニング キッチン
寝室 子供部屋 和室
収納・クローゼット パントリー 玄関
トイレ 洗面所 お風呂
ワークスペース 階段 外構

魅力的なテーマ

家づくりの残念・失敗・後悔ポイント 家づくりおすすめできる事・できない事 家事がラクできる家づくりの工夫♪
魅力ある家づくり… 居心地の良いお家づくり 我が家の家づくりは、設計事務所から!
タイルのおはなし。 自然派のライフスタイルと家づくり 珪藻土

【ロール網戸の関連記事】

10.終わりに

住宅のリフォームかリノベーションを考えられている方は皆さん、ご存知だと思いますが、『住まいの設備を選ぶ本2016夏 』は最新の「物干し(笑)」から断熱性能の高い製品まで、「俺、こんな便利な住宅設備って知らなかったよ」と思う程、充実の雑誌です。まだ偶々、目にされていない方がいらっしゃいましたら、この機会にお目を通されることをお薦め致します。私もこの本を通じて、最新の「ホスクリーン(物干し)」や「内窓」について知ることになりましたので。

この本はタイトルからも分かる通り、季節毎に発行されています。中心記事は毎回「設備&建材レポート」となっており、「キッチン」「キッチン関連機器」「バス・サニタリー」「内装・収納・家具」「冷暖房・空調」「玄関ドア・窓」「外装材・断熱材」「エクステリア」「セキュリティー」「エネルギー関連」「他設備・建材・サービス」という分野に区分けされて、各カテゴリー毎に複数社の製品やサービスが紹介されています。

お風呂であればTOTOサザナのように圧倒的に定番でいつも紹介されているものがありますが、初めて住宅を購入される方や、リフォーム、リノベーションを初めてされる方には新鮮に映るものだと思います。まぁ、それ位、しっかり考えられている製品なんだと思います。ご興味あれば当ブログでも記載しております洗濯用お湯取りシステムの記事も参照されてみて下さい。『(73)TOTOサザナ 洗濯用お湯取りシステム/ノコリーユECO(残り湯エコ)

是非、目を通して頂きたいのは、「【完全保存版】設備選びの基礎知識」という40ページを割いてまとめてある場所です。結局、住まい作りは「選択の連続」となります。知識が不足すると選択肢の幅が狭くなりますし、入居した後で後悔することになります。この夏号でも紹介されている“設備選びの満足派と不満派”の声は以下の通りです。

【設備選びの満足派の声】
・カタログを入念にチェックして、ショールームに何度も足を運んで動作確認。担当者と何度もやりとりしたのが満足の要因です
・以前の家の不満点を洗い出し、それをクリアできる商品を探して導入したから満足です。

【設備選びの不満足派の声】
・ショールームが遠くて、1度しか見に行けませんでした。イメージがぼやけていて、「コレ」という確信がないまま決めてしまったので、結果的に不満が残ってしまいました。
・事前に現物を確認せず、写真だけで判断した結果、色合いが違って不満が残りました。

要は、手間を惜しまず勉強してショールームにも足を運び現物でも確認した方は満足する確率は高くなりますね。ごく当然のことです。私も中古ビルのリノベーション計画中この本を手に取っていなければ、たった5,000円程度の「ホスクリーン」を知ることなく、不満足な家の作りになっていたと思います

住まいの設備を選ぶ本2016夏



【関連記事(住宅設備関連)】

投稿者:

RC4tani

東京でRC造中古ビルをフルリノベーションしました。物件は地下室付き4階建て。リフォーム、リノベーション会社7社へ相見積もりして東京ガスリモデリングへ発注。中古マンションのリフォーム、フルリノベーションを検討中の方にも役立つキッチン、ユニットバス、内窓のリフォーム施工写真やデザイン図面、施工図を掲載し、段取りや費用詳細も説明中。