(245)海外駐在から帰国する時の家探し

海外駐在から帰国する時の家探し

「中古事務所ビル」を購入してリノベーションして住んでいるRC4tani(@rc4tani)です。

実は私、元ロンドン駐在員です(テヘ)。
今、海外に住まれているあなた、ひょっとして帰国のタイミングで東京に新築マンションを購入しようなどと考えていませんか?

駐在に出た2013年~2016年とは東京の住宅事情は大きく変わっていますよ!
東京オリンピックを目の前にして東京の住宅価格は2013年を底に高騰を続けています。

そのような状況をネットで見聞きして調べたからこそ、このブログに辿り着かれたのだと思います。折角なので、あと1分だけお付き合いください。

海外駐在中の今、日本では想像もつかないいオシャレで広いお家に住まれていると思います。そして、その物件は住み始めたとき「新築」ではなかったはずです。そう、中古物件だったと思います。

それでも内装とお庭はしっかりと手が入り、徹底的にリモデリング(リフォーム)されたお家は、日本の新築物件よりもおしゃれで高級な内装のお家なので、現在、満足して住まれていると思います。

駐在に出て海外生活をエンジョイされているものの、東京に戻ればあなたも普通のサラリーマンです(駐在員妻です)。東京で世帯年収1,000万円を超えていても、変動金利が0.5%を切る低金利時代とはいえ、5,000万円~7,000万円で購入できる新築マンションは、75m2、3LDKの物件でしかありません。

現在の年収で買える東京の新築マンションでの生活は、海外生活を経験されたあなたを決して満足させることはないでしょう。

しかし、同じ駐在員だった私は、二馬力家庭(共働き家庭)ということはありますが、ロンドン駐在から帰国して1年後には山手線のど真ん中に172m2の戸建て住宅を手に入れることが出来ました。どうやったかって?

リフォーム ホームプロ

それは、駐在中に手に入れた経験と視野の広さを活かして中古物件を購入してリノベーションしたからです。
“(245)海外駐在から帰国する時の家探し” の続きを読む

(244)当家の「後付け収納」3か所を一挙公開!

後付け収納(クローゼット編)

「中古事務所ビル」を購入してリノベーションして住んでいるRC4tani(@rc4tani)です。

子供が出来てマイホーム購入。新築時はきれいなお家も子供が大きくなり本や衣類が増えてくると「収納が足りない」となりますね。ハイ、当家も同じです(涙)。

本日は、そんな皆様に中古物件をリノベーションして作った当家の後付け収納を一挙に公開します。
結論としては、リフォーム、リノベーション様々な呼び方はありますが、普通に大工さんにお願いすれば収納の後付け」なんて簡単ということです。
“(244)当家の「後付け収納」3か所を一挙公開!” の続きを読む