(72)ウォークインクローゼット(WIC。玄関収納)にドアは必要か?その2

(雑談)20時に出張から帰ってきたのですが、子供3人は誰も玄関にお迎え無し。1年前は、寝ている3階から子供3人がみんな、1階の玄関まで降りてきて、お父さんの帰宅を喜んでくれていたのに。子供が成長したのかなと思いつつも、少し寂しく感じます。

目次
1.ウォークインクローゼット(WIC。玄関収納)にドアは必要か?その2

~これまで の あらすじ~
都心で4LDKを探したところ、新築マンションは高過ぎて断念偶然みつけた地下室付4階建中古事務所ビルを購入することを決断リフォーム会社7社へコンタクト結果、「東京ガスリモデリング」を発注先に決定。C信託銀行と住宅ローン契約(リノベーション費用含む)を締結し中古ビルを購入し、2か月先の工事着工に向けた打ち合わを重ねているところです。

1.ウォークインクローゼット(WIC。玄関収納)にドアは必要か?その2

昨日設定したテーマは『ウォークインクローゼット(WIC玄関収納)にドアは必要か?』について自分なりの答えを出したいと思います。私の意見は「必要」です。

ウォークインシューズインクローゼットの引き戸
ウォークインシューズインクローゼットの引き戸。

なぜなら、WICの中にはスーツやコート、子供の自転車、キックボード、洗剤等、多くのものが保管されています。WICと表現することもありますが、靴も保管していますので、ウォークインシューズクローゼット(WISC)とも表現されます。

WIC、WISCの内側、棚割写真
WIC、WISCの内側、棚割写真
WIC、WISCの内側、棚割写真 (2)
WIC、WISCの内側、棚割写真 (2)

現在のリアルなWIC収納の内側をそのまま掲載させて頂きます。
共働き、子供3人が日々の生活に追われて生活しておりますと、「人様に見て頂くようなクローゼットにするための整理整頓」をする時間はありません(笑)。
要は、あれこれ入れてあって、玄関から収納場所の中が見えては困ります(理由1)

また、当然、靴も入れてあります。革靴もありますので、「少なからず皮の匂いがします」。収納扉なしでは玄関ホールに匂いが漏れてしまいます(理由2)。WIC収納内には、換気扇を設置しており常時Onにしています。この換気扇のスイッチと電源スイッチは上下に並んでいるので、時々、誤って換気扇がOffになっていることがあります。換気扇がOffの時にWISC収納の扉を開けますと、革靴の匂いが「もわー」とします。とても、WIC収納の扉無し&換気扇無しでは、匂いが玄関に漏れてしまい好ましくありません。

WISC内に換気扇を設置しています。
WIC内に換気扇を設置しています。
1F図面(検討中)
ちなみにWICの広さは1.7畳です(2.76m2)。これだけあると結構な量が収納出来ます。

上述2つの理由は本当に重要だと思います。
結局は人それぞれですが、当家のように玄関の正面に収納を配置する間取りとなる場合は、「見た目」と「臭い対策」の両面で収納扉は必須だと私は考えます。

終わりに扉ありのWISCのある玄関全体の映像をご参考まで紹介させて頂きます。
皆さまのリフォーム、リノベーションのプラン検討に少しでも役立てば幸いです。

明日は、世間的には余り認知されていないものの(と思われる)、私が導入して最大に評価している住宅設備(仕組み)を紹介させて頂く予定です。(続く。次ページへ)

WIC記事 (71)ウォークインクローゼット(玄関収納)にドアは必要か?
WIC記事 (72)ウォークインクローゼット(WIC。玄関収納)にドアは必要か?その2
WIC記事 (96)2帖の造作ウォークインクローゼット/リノベーション工事26日目 
Closet記事 (100)斜線規制箇所への造作3枚引戸クローゼット(4階)/リノベーション工事27日目
WIC記事 (113)メリット抜群の玄関収納としてのウォークインクローゼット(WIC)
WIC記事 (116)トイレ・洗面所・押入れ・ウォークインクローゼット(WIC)造作中/リノベーション工事48日目
WIC記事 (131)稼働棚付きのウォークインクローゼット(玄関収納、下駄箱)
Closet記事 (140)斜線規制壁への造作クローゼット他/フルリノベーション
クローゼット記事一気読み  クローゼット記事(Closet, WIC, WISC)


住宅設備の周回コース
短時間でニッチ・内窓・稼働棚・WISC・下駄箱・ライティングレール・フローリング・引き戸・網戸など住宅設備記事だけ読める「住設周回コース」を用意しました。 ここは(72)です(^^)/
(66)(69)(71)(72)(73)(74)(89)(91)(104)(113)(131)(134)(139)

【関連記事(クローゼット)】

ブログ全体構成
本ブログは中古ビルのリノベーションについて最初のページ継続しております。中古ビルとの出会いやリフォーム会社7社への相見積の話など(1)よりお読み頂ければよりお楽しみ頂けると思います。ブログ全ページのサイトマップもご活用下さい。