(117)4階の子供部屋/雨漏り点検口/リノベーション工事48日目(5月18日)

リノベーション工事は48日目となりました。
本日は4階子供部屋の天井工事と造作クローゼットの進展を簡単ですが報告させて頂きます。

~これまで の あらすじ~
都心で4LDKを探したところ、新築マンションは高過ぎて断念偶然みつけた地下室付4階建中古事務所ビルを購入することを決断リフォーム会社7社へコンタクト結果、「東京ガスリモデリング」を発注先に決定。C信託銀行と住宅ローン契約(リノベーション費用含む)を締結し中古ビルを購入しました。(82)よりリノベーション工事が開始され、約1.5ヵ月が経過したところです。

11.二重天井工事/ライティングレールとボード貼り

4階/二重天井 リノベーション工事
4階/二重天井 リノベーション工事

昨日に続き本日の1枚目は、4階の二重天井の施工状況です。二重天井箇所の吊り部材は既に天井下地となるボードで覆われて見ることが出来ません。そこに段差をなくした埋め込みによるライティングレールが取り付けられています。

床面は本リノベーション工事のほぼ初期段階で「ふわふわ」フローリングが貼られましたので、そのカバーとしてべニア板が貼られています。

関連記事 (89)直貼りフローリング(パナソニック製)のメリットとデメリット

22.4階子供部屋の間取り

毎日、100名以上の新規来訪者の方がいらっしゃいますので、改めて4階の間取り図をご紹介させて頂きます。

2016-06-04_093358
4階間取り図(クリックで拡大します)

33.造作クローゼット

造作クローゼット施工写真
造作クローゼット施工写真

上は4階の造作クローゼット施工写真です。
この写真に天井の「雨漏り点検口」が写っていました。これは物件購入後に判明した4階の雨漏り箇所です。

雨漏り自体は、瑕疵担保責任期間(3か月以内)に見つけましたので売主(前オーナー)側の責任なのですが、まだ雨漏り箇所の特定が出来ておりません。

詳細は後日お話ししますが、当方が少額を前オーナーより頂いて「示談」ではありませんが、問題解決を図るという対応をしました。将来の雨漏り状況の確認のために点検口を設けたものです。近日中に詳細について説明させて頂きます。(明日に続きます。次のページへ

雨漏り記事 (83)雨漏り発見から瑕疵担保責任と示談交渉 


【関連記事(4階/子供部屋12帖)】

【関連記事(4階/雨漏り関連】


ブログ管理人プロフィール

ブログ著者からのご挨拶/中古ビルのリノベーションブログ(地下室付きRC造4階建て)

リノベーション
こんにちは、RC4taniです。 福岡県出身。 総合商社に勤める都内在住のサラリーマンです(40歳代前半)。 東京の高過ぎる地価と住宅事情に絶望していましたが、中古物件購入&リノベーションで念願のマイホームを手に入れました。家族5人暮らしです。 >>続きを読む