(163)シンプル・おしゃれな手作りタイル表札!イタリアン タイル・リビエラを使った表札

壁(タイル):リビエラ社 ロンドンフォグ
壁(タイル):リビエラ社 ロンドンフォグ

リフォーム・リノベーションして、さぁ、入居という時になって考えるものが『表札』。
しかし意外に表札は良いものがありません。考え抜いた末、気合を入れたリフォーム・リノベーション住宅に負けない、シンプルだけど、おしゃれで個性のある手作りタイル表札を付けましたという話です。

このブログで解決する悩み
  • 手作りのイタリアタイルで作った表札の実例をみたい(当家の表札ですが、実例満載です) 
  • 手作りのかっこいい表札を作りたい
  • 戸建て住宅用に、手作りでオシャレな表札を作りたい
  • 手作り表札のアイデアが欲しい

 

1.手作り感あるオシャレ表札が見つからない!

狭小中古事務所ビルを購入して、東京ガスリモデリングの担当者2名、妻と意気揚々とリノベーション工事を進めてきました。

リノベーションのデザインや部材は、打ち合わせ時に「ほぼ即決」で決めてきた当家でしたが、表札だけはアイデアが出てこなくて困りました
改めて前ビルオーナーが事業をされていた際に使用されていた事務所看板とそれを撤去した状態の写真、及び外観映像をご覧ください。

前ビルオーナー様が使用されていた事務所の看板(銅板)。幅600mm、縦200mm。
前ビルオーナー様が使用されていた事務所の看板(銅板)。幅600mm、縦200mm。

さて次がおしゃれな表札を付けたいと悩んでいる中古ビルの外観映像(字幕付き)です。

前ビルオーナー様が使用されていた銅板で出来たの事務所看板は非常に立派なものでした。東京ガスリモデリングご担当者が丁寧に外された後、前オーナー様へ記念の品としてお渡ししております。

2.手作り表札の研究を開始

この事務所看板があった横60cm、縦20cmの空白に埋めるオーダー表札のアイデアを考えるために、通勤途中にある住宅の表札デザインの研究を開始しました。

しかし、スクエアな大理石への掘り込み表札や、ステンレス・木といった素材に漢字でお名前を書かれた表札が多く、印象としては意外に皆さん、表札は無難にまとめられているお家が多かったです。
もちろん、稀にアイアンで苗字をアルファベット(英文字)で書いているおしゃれな表札もありましたが、個人的には私の家にはアイアンの重厚なイメージは当家には合わないように感じました。

ポスト 兼 表札

ポストに名前シールを貼って表札とされているご家庭も多かったです。
しかし当家のポストはアコーディオン型の門から手を伸ばせば届く位置に新聞受けという位置づけで置いてあるもので、どんなに頑張ってもおしゃれには出来ないポストなので諦めました。はじめから表札も兼ねる前提で、ポストにお金を掛けるというもの一つの手だとは思います。

当家のポスト。この味気ないタイルの場所におしゃれポストを取り付けてもね・・・と思います。

3.当家のおしゃれ表札イメージ案(タイル+アルファベット)

リノベーション会社に伝えた表札のイメージ
リノベーション会社に伝えた表札のイメージ

オシャレ表札のアイデアが欲しくて、会食の待ち合わせ時間を利用して世田谷区を2時間、歩き続けました。そこで幾つかのマンションの「タイルにアルファベットを組み合わせた表札」が気になり始めました。一旦、気になり出すと自然と目が、「タイル+アルファベットの表札」を追うようになります。

結果、私が辿りついた表札アイデアは、シンプルに「シルバーのアルファベットでタイルに名前を書く」でした。
上の写真は、私が実際に東京ガスリモデリングへメールで伝えた当方の表札イメージ説明指示書です。

このサンプルイメージは、世田谷にあるマンションの建物名なのですが、シルバーのアルファベットでシンプルに表現されており、当家(中古事務所ビル)の外壁にも似ていて良いなーと思った次第です。

しかし、改めて当時の資料を見直しますと自分は「豆な男」だなと思います(笑)。
あれこれ住宅街を歩き回り、気に入った表札を写真し東京ガスリモデリングへ具体的なイメージを伝える。。。

なぜそこまでするか。
「中古を買ってリノベーションする」ということは、建売でもなければ新築マンションでもない「オンリーワン」の家作りをする機会に巡り合ったわけです。
リノベーションする場合、内装には拘りますよね。

自慢のリフォーム・リノベーションされた部屋を見てもらう前に、お招きしたお客様には、当然、表札から「おっ」と思って頂きたいと強く思った次第です

しかし実際はリノベーションの打ち合わせを開始してから、アイデアを考えはじめても遅いですね、なぜならリノベーションを開始すると想像以上に忙しくなり、アイデアが出てこなくなります。
そのためいいなと思ったアイデアはノートに書いたり、写真を貼ったりしてドンドン事前に集めておいた方が良いです(反省)。
そうすればリノベーション会社との打ち合わせ時に、担当者の方にスムース、且つ、具体的なイメージを正確に伝えることが出来ます。

4.「モザイク・ブラック」タイルを採用した表札

さて、それではブログ初公開となる「当家の表札」です。

当家の表札です。30cm各の石のタイルが4面の貼られている「超豪華仕様」の外壁のRC造ビルです。
当家の巨大な表札です。30cm角の石のタイルが4面に貼られている「超豪華仕様」の外壁のRCビルの壁に幅60cm、高さ20cmもある表札となりました。

シルバーのアルファベットを壁に貼り付けるというイメージを東京ガスリモデリングの担当ペア2名へお伝えした結果、上述写真の通り、みごと外壁(タイル)にアクセントとなるブラックのボーダーモザイクタイルが入り、そこにちょっと控え目にシルバーで英文字で苗字が書かれました。

オシャレなタイル表札
タイル表札(遠景。  A の文字だけ参考にチラ見させて頂きました 笑)

5.リビエラのモザイクタイルで作るシンプルだけどカッコイイ表札

デザインタイル リビエラを使った表札
デザインタイル リビエラを使った当家の表札 (拡大写真)

上の写真のタイル、リビエラ(株)が輸入するSTILE(スタイル)というボーダー柄のモザイクタイルです。

当家では外壁タイルと合うように「モザイク ブラック」を選んでおりますが、当時のカタログでは9種類のカラフルな製品があることが分かります(うち6種類を掲載します)。

リビエラのモザイクタイル。Stile。廃盤
リビエラのモザイクタイル。Stile。廃盤

当家のタイルは裏面シート貼りとなっておりサイズは300mmx300mm(厚さ9.5m)で1枚1,480円とお手頃な価格となっています(こちらを2枚使用して上下を一部切り落として貼り付けしています)。
尚、「限定品」だったため残念ながら現在では同じ製品は取り扱われていません。

6.イタリアスタイル リビエラ

Vetro Mosaic-Plain Type-(ヴェトロモザイク プレーン タイプ)
Vetro Mosaic-Plain Type-(ヴェトロモザイク プレーン タイプ)
Craft Brick07(クラフトブリック07)
Craft Brick07(クラフトブリック07)

リビエラ(RIVIERA)はイタリア語で「海岸」です。
同社ではモザイクタイルだけでなく、天然石材、レンガ(ブリック)や副資材も扱われています。東京・静岡・福岡・沖縄にもショールームがありますので、お近くの方は足を運ばれるとこれまでと違ったイタリアンスタイルのリノベーションのイメージが湧き上がってくると思います。

リビエラ社ホームページ →http://riviera.jp/
リビエラ社ショールーム →http://riviera.jp/showroom/

7.オシャレな表札を手掛けている「ネット表札専門店」

結果的にはリノベーション会社の提案でリビエラのタイルを使った表札となりました。
そこに行き着くまでに、ネットでおしゃれ表札を探し続けた中で私が明らかにデザインセンスNo1と思うおしゃれ表札専門店タイル表札取り扱い店がありましたので紹介しておきます。

1店目は「かわいい」や「かっこいい」から「高級感ある」ものまでバリエーション豊富な表札を取り扱われていて非常に参考になりました(ホームセンターや東急ハンズの表札売り場の1万倍は参考になります!)。
以下のようなアイアンからガラスタイル、御影石に至るまでデザイン性の高いおしゃれ表札が多く取り扱われています。(こちらはタイルの扱いは弱いです)

⇒ 表札の製造直販「表札マイスター」

2店目はタイルに特化した店舗です。なんだか、良くないですか?

⇒ 表札のドディチタイル

皆さんの表札アイデアが膨らむことを願っております。

8.終わりに

上で紹介したリビエラのクラフトブリックは当家のリビングの柱で採用してLDKの良いアクセントとなっております。宜しければ当家の「モザイクタイル洗面所」と「ブリックタイルのあるLDK」も訪問して頂ければ幸いです。

ガラスタイル・ブリックタイルの記事

いつも最後までご一読頂きありがとうございます。本日は『(163)おしゃれなタイル表札を作ってみた!イタリアン タイル・リビエラを使った表札』という話でした。(続く。次の記事『(164)子供部屋を2部屋に間仕切るための対応』へ)

ご興味ございましたら、下の連載投稿、関連記事もどうぞー。

おしゃれデザインの周回コース
自分の中で気に入っているおしゃれデザインだけの「おしゃれデザイン周回コース」を用意しました。 ここは(163)です(^^)/

 

ブログ管理人プロフィール

ブログ著者からのご挨拶/中古事務所ビルを『2割』値引きして購入後、住宅にコンバージョン(リノベーション)して住んでいます

リノベーション
こんにちは、RC4taniです。 福岡県出身。 総合商社に勤める都内在住のサラリーマンです(40歳代前半)。 100m2超の新築マンションは高過ぎて購入を断念。視野を広げて、中古の狭小事務所ビルを購入後、住宅にコンバージョン(リノベーション)して東京・山手線内側に170m2の戸建てマイホームを手に入れました。 >>続きを読む