(37)スタイル工房/リノベーション相見積依頼 6社目

~これまで の あらすじ~
都心で4LDKを探したところ、新築マンションは高過ぎて断念偶然みつけた地下室付4階建中古事務所ビル(延べ床面積約170m2)の購入を決断。(今、振り返っても普通ではない判断です)。売主から頂いたローン締結までの猶予期間は10月末から12月までの6週間。自らリフォーム会社7社にコンタクトして、行動開始から約2週間弱の成果として5社よりリノベーション提案を受けられることになりました。

1.スタイル工房への道

今回の話  進展のあったところ

リノベーション相見積 進捗管理表 11月16日(土)夜時点
No 会社名 担当者 RC4taniからの
初回アプローチ
同返信
(From
リフォーム
会社)
現地調査 要望確認日 要望確認日第二回 提案・見積提出日
1 野村不動産リフォーム 一級建築士 10月26日(土)Web 10月27日(日) 11月1日(金) 10月28日(月) 11月19日(火)20時予定
2 パナホームリフォーム 営業+社外設計事務所 10月28日(月)Web 10月31日(木) 11月7日(木) 11月9日(土) 11月17日(日) 11月30日(土)予定
3 東京ガスリモデリング 二級建築士男女ペア 10月28日(月)Web 10月29日(火) 11月7日(木) 11月8日(金) 12月1日(日)10時予定
4 三井不動産リフォーム 10月28日(月)Web
東急ホームズ  二級建築士 11月10日(日)Web 11月11日(月) 11月12日(火) 11月20日(火)予定
スタイル工房  一級宇建築士 11月10日(日)Web 11月11日(月) 11月12日(火) 11月16日(土)  12月1日(日)16時予定
大和ハウスリフォーム 11月11日(月)TEL

11月16日(土)午後、我々家族は都内にあるスタイル工房を初めて訪問しました。
スタイル工房はネットで400件を超える施工実例を掲載している会社です。

あくまで私個人の感覚ですが、施工事例からは、自然素材、特に木をふんだんに使用したリフォームが得意なように思いました。また自社社員のリフォーム施工者を抱えているようで、この点に好感を持っていました。

スタイル工房へ行く道は、地下鉄を降りて徒歩約15分の道です。近隣には公園や小川があり、都心と異なり、各住宅の敷地が大きく立派な建物が多く、住んでみたいエリアだなと思った記憶があります。

私は妻の実家のそばでの物件探しが優先順位第一位でしたが、都内広く候補地を設定できるような方は、可能な限り、異なる土地に住んでみることを強くお薦めします。
住んでみて初めてその土地の良さが分かりますので。興味のないと思っていたエリアでも、住んでみると意外に好印象ということも多々あろうかと思います。

2.スタイル工房到着

さて、スタイル工房に到着しました。既に3~4組のお客さんが打ち合わせを行っています。話の内容から判断して、全てのお客さんがデザインの詳細を話されていましたので、スタイル工房へ発注済なのか、直前なのでしょう。子供連れの方も多いですが、皆さん、楽しそうに打ち合わせをされています。

我々もこのように打ち合わせをする日が来るのかな? などと、夢は膨らみます。
社員の方に促されて、我々はPCのDisplayとキーボードが机の上にある6人掛け机に通されました。

事務所の中は自然素材中心で住宅材料が見本市のようにDisplayされています。床一つとっても、意図的に様々な部材・材料で作られており、石や木等、バラバラに採用されています。木材も多く展示されており非常に面白いやり方だと感心しました。

約束した社員の方が来るまでの間、もの珍しそうにキョロキョロと事務所内を見渡してしまいました。 そこへ我々の担当者の方(1級建築士)がお越しになられました。

ご担当者の方は、5日前に実施した現地調査時の写真と、不動産会社が手交した図面を我々に見せながら現地調査の感想を話されました。同時に我々の要望も気分が良くなるいい感じで聞き出してくれました(非常に高いコミュニケーション能力をお持ちでした)。

私は、いつものように複数企業にはコンタクトしていないそぶりで会話を進めました。 ただ日付は既に11月16日(土)となっており、リノベーション委託先候補を決定すると決めている12月1日(日)まであと2週間しかありません。

打ち合わせの最後に、次回提案を頂く日を12月1日(日)に設定させて頂くこと、その日に複数社のうちから候補先会社1社を絞り込みすることをこの時点で明確にお伝えしました。

そこまで伝えた理由は、短期決戦なので、2週間の間、スタイル工房には集中的に対応して頂き提案をしっかりまとめて頂けるようにするためです。
また、複数社に競争して頂いていますので「私は候補会社の方をダラダラと長い時間、取れるか取れない案件のためには拘束させることはしません」という私なりの意思表示と配慮です。
このお願いを行って打ち合わせ終了としました。

(次回は現時点での最有力候補パナホームリフォームとの打ち合わせについて説明します。次ページ『(38)パナホームリフォーム/リノベーション相見積7社中の2社目』へ)。

 

ブログ管理人プロフィール

ブログ著者からのご挨拶/中古ビルのリノベーションブログ(地下室付きRC造4階建て)

リノベーション
こんにちは、RC4taniです。 福岡県出身。 総合商社に勤める都内在住のサラリーマンです(40歳代前半)。 東京の高過ぎる地価と住宅事情に絶望していましたが、中古物件購入&リノベーションで念願のマイホームを手に入れました。家族5人暮らしです。 >>続きを読む