(44)リノベーション相見積もり提案受領/3社目 スタイル工房

~これまで の あらすじ~
都心で4LDKを探したところ、新築マンションは高過ぎて断念偶然みつけた地下室付4階建中古事務所ビル(延べ床面積約170m2)の購入を決断。(今、 振り返っても普通ではない判断です)。売主から頂いたローン締結までの猶予期間は10月末から12月までの6週間。自らリフォーム会社7社にコンタクトし て、行動開始から約2週間弱の成果として5社よりリノベーション提案を受けられることになりました。3社目のスタイル工房から見積と提案内容を受領するところで す

1.スタイル工房から提案を受領する

11月30日(土)午後一番でパナホームリフォームからの提案を受けた我々夫婦は、そのまま次の提案を受けるスタイル工房へ直行しました。現地調査ではなく、今度は提案受けのダブルヘッダーです。
今回の話

リノベーション相見積 進捗管理表 11月30日(土)時点
No 会社名 担当者 RC4taniからの
初回アプローチ
同返信
(From
リフォーム
会社)
現地調査 要望確認日 要望確認日第二回 提案・見積提出日
1 野村不動産リフォーム 一級建築士 10月26日(土)Web 10月27日(日) 11月1日(金) 10月28日(月) 11月19日(火)20時
2 パナホームリフォーム 営業+社外設計事務所 10月28日(月)Web 10月31日(木) 11月7日(木) 11月9日(土) 11月17日(日) 11月30日(土)13時
3 東京ガスリモデリング 二級建築士男女ペア 10月28日(月)Web 10月29日(火) 11月7日(木) 11月8日(金) 11月26日(火) 12月1日(日)10時予定
4 三井不動産リフォーム 10月28日(月)Web
東急ホームズ 二級建築士 11月10日(日)Web 11月11日(月) 11月12日(火) 11月20日(水) 12月1日(日)16時予定
スタイル工房 一級宇建築士 11月10日(日)Web 11月11日(月) 11月12日(火) 11月16日(土) 11月30日(土)16時
大和ハウスリフォーム 11月11日(月)TEL

パナホームリフォームからの提案された内容も記憶に新しいまま次のスタイル工房では1度お会いした1級建築士の方が提案と見積もりを早速提示されました。

スタイル工房が提示したプランのスコープ(業務範囲)には、地下から4階までのリノベーションの他に、外構の変更、および4階から屋上へ続く階段!の新設が織り込まれています。

2.屋上へ続く屋外階段の提案

実はこの物件は屋上はありますが、写真の通り階段ではなく4階の階段踊り場より垂直梯子で屋上に出ていく必要がある構造となっています。本物件は事務所仕様のビルなのでベランダがありません。別の言い方をすれば「掃き出し窓」が一つもない構造となっているのです。

4階の階段踊り場より屋上へ続く梯子(笑)
4階の階段踊り場より屋上へ続く梯子(笑)

よって、私から各社へは、要望として布団を屋上に干せるようにするため、4階の階段踊り場の上部を大きく開口して螺旋階段を新設することで屋上に簡単に出られるよう、検討して頂くことを依頼しておりました。

結局、この要望に対しては、5社より構造的に屋上に2m四方の穴をあけることは難しいと言われたのですが、このスタイル工房だけは、無理と言われた上で、4階の窓から隣地斜線規制で出来た斜め屋根の上に外階段を増設して屋上へ続くという「画期的」なアイデアを提示して頂けました。

これらの提案内容はA3サイズの水彩画で表してあり、素人でもリノベーション全体がイメージし易く非常に魅力的でした。同社のHPを拝見していても、個性的で魅力的なリフォームの実例が多く掲示されており、パナホームリフォーム以上の「提案力」に感心しました。非常にとんがった良い会社です。

3.スタイル工房が提示した見積価格

しかし、一つだけ重要な問題がありました。それは金額です。

我々がスタイル工房へ伝えていた予算より60%!も高い金額を提示されました(例:仮に予算を1,000万円と伝えた場合、1,600万円の提案が出てくるということです)。

あくまで私が得た印象ではありますが、スタイル工房の方針として「独創的で魅力的な提案をしっかりする」ことが第一のようです。提案を高く評価し、提示された金額をそのまま受けるお客が顧客となる企業との印象を持ちました。

尚、スタイル工房の方の名誉のために申しますと、約170m2のリノベーションを行う場合、スタイル工房が提示された金額が普通は妥当な金額レベルだと思います(10万円/m2かそれ以上)。

しかし現実には予算は存在しており「予算とのかい離が余りにも大きかった」という事実があったということです。予算と見積価格のかい離は、スタイル工房そのものの評価とは全く別物とお考え頂きたくお願いします(我々の予算金額が小さかったことに非があるということです)。

妻とは丁寧にスタイル工房の一級建築士の方にお礼を述べて、明日(12月1日)の残る二社からの提案を踏まえた上で、回答させて頂きます とお伝えして、打ち合わせを終えました。(続く。次ページ『(45)東京ガスリモデリングからの見積提案(4社目)に対し高く評価する』へ)

 

ブログ管理人プロフィール

ブログ著者からのご挨拶/中古ビルのリノベーションブログ(地下室付きRC造4階建て)

リノベーション
こんにちは、RC4taniです。 福岡県出身。 総合商社に勤める都内在住のサラリーマンです(40歳代前半)。 東京の高過ぎる地価と住宅事情に絶望していましたが、中古物件購入&リノベーションで念願のマイホームを手に入れました。家族5人暮らしです。 >>続きを読む