(43)リノベーション見積提案書受領/パナソニックリフォームからは予算を大きく超える見積書が出てきました

リノベーション発注先候補として1番手につけていたパナソニックリフォームより予算金額1,400万円を350万円も超過する見積書が出てきてしまいました。ちょっと頭が混乱気味になりつつあります。

~これまで の あらすじ~
都心で4LDKを探したところ、新築マンションは高過ぎて断念偶然みつけた地下室付4階建中古事務所ビル(延べ床面積約170m2)の購入を決断。(今、振り返っても普通ではない判断です)。売主から頂いたローン締結までの猶予期間は10月末から12月までの6週間。自らリフォーム会社7社にコンタクトして、行動開始から約2週間弱の成果として5社よりリノベーション提案を受けられることになりました。5社からの見積書を受領すべく各社と事前打ち合わせを繰り返しているところです。2社目のBホームから見積書が出てくるところです。

1.パナソニックリフォームとの過去2度のリノベーション打合せポイント

今回の話

リノベーション相見積 進捗管理表 11月30日(土)時点
No 会社名 担当者 RC4taniからの
初回アプローチ
同返信
(From
リノベーション会社)
現地調査 要望確認日 要望確認日第二回 提案・見積提出日
1 野村不動産パートナーズ 一級建築士 10月26日(土)Web 10月27日(日) 11月1日(金) 10月28日(月) 11月19日(火)20時
2 パナソニックリフォーム 営業+社外設計事務所 10月28日(月)Web 10月31日(木) 11月7日(木) 11月9日(土) 11月17日(日) 11月30日(土)13時
3 東京ガスリモデリング 二級建築士男女ペア 10月28日(月)Web 10月29日(火) 11月7日(木) 11月8日(金) 11月26日(火) 12月1日(日)10時予定
4 三井不動産リフォーム 10月28日(月)Web
東急ホームズ 二級建築士 11月10日(日)Web 11月11日(月) 11月12日(火) 11月20日(水) 11月30日(土)16時予定
スタイル工房 一級宇建築士 11月10日(日)Web 11月11日(月) 11月12日(火) 11月16日(土) 12月1日(日)16時予定
大和ハウスリフォーム 11月11日(月)TEL

11月30日(土)の午後。我々夫婦は3度目となるパナソニックリフォームの事務所に到着しました。早速、パナソニックリフォームより提案について説明を受けることとなりました。
過去二度の打ち合わせを行い、ポイントを絞るとざっと次のような点に集約されます。

  • 玄関、水回りが集まる1階のレイアウト
  • 2階(LDK)のキッチンのレイアウト
  • 3階に設けるトイレ、クローゼット、押し入れのレイアウト
  • 予算との兼ね合いで、リノベーションする内容の取捨選択。

現在、パナソニックリフォームはこれまで面談してきた5社のうち、1番手グループに位置付けています。我々夫婦としては、この会社にお願いすることになる可能性は高いと感じていました。

2.パナソニックリフォームのリノベーション見積提示額

パナソニックリフォームから提案して頂いた玄関の間取り案(2案)

打ち合わせのはじめに、見積書および間取り図面と住宅機器の写真・仕様が併記されているA3のプレゼン資料が提示されました! 金額を見て、我々夫婦の手が止まります。

見積金額1,750万円。

私がリフォーム会社とコンタクトし始めた当初の想定予算は、各社と打ち合わせを重ねる毎に低すぎることが判明していました。よってパナソニックリフォームとの打ち合わせ前に妻と相談して予算を初期金額より200万円程、上乗せする覚悟を決めていました(以下、“新予算”といいます)。しかしパナソニックリフォームから提示された金額は、新予算より350万円(率にして25%)も高い金額だったのです。

パナホームリフォームも我々の予算金額に出来る限り近づけるべく「地下室には手を付けない」「4階も極力手を付けない」といった業務範囲の絞り込みを行ってくれています。
しかし今回の会話で更に既存「事務所玄関ドア」は住宅用には交換しないと提案されました。既存ドアの撤去、新設ドア代、新設ドア取付金額は総額で約50万円というレベル感です。

家を建てられた方は結構な方がご経験されていると思いますが、乾いたぞうきんを更に絞っている状況で約50万円という数字はそう簡単に決心できない数字です。
リノベーション終了時には、照明やカーテンも購入する必要があります。今、50万円をポンと追加、拠出する余裕はありません。

妻の考えは良く分かりませんが、私としてはこの時点では何としてでもリノベーションの話をまとめなければなりませんので「妥協するしかない」。こう割り切っていました。

既に提案を受けた野村不動産パートナーズと比較すると提案内容は雲泥の差と言ってよい程、しっかりしたものでした。しかし予算金額とのかい離は大きい。これが第一印象でした。(続く。次ページ『(44)リノベーション相見積もり提案受領/3社目 スタイル工房』へ)

 

ブログ管理人プロフィール

ブログ著者からのご挨拶/中古事務所ビルを『2割』値引きして購入後、住宅にコンバージョン(リノベーション)して住んでいます

リノベーション
こんにちは、RC4taniです。 福岡県出身。 総合商社に勤める都内在住のサラリーマンです(40歳代前半)。 100m2超の新築マンションは高過ぎて購入を断念。視野を広げて、中古の狭小事務所ビルを購入後、住宅にコンバージョン(リノベーション)して東京・山手線内側に170m2の戸建てマイホームを手に入れました。 >>続きを読む