(40)野村不動産パートナーズのリノベーション提案結果

野村不動産パートナーズからのリノベーション提案書・見積書は、当方が提示していた予算金額が少ないことからか、非常に手を抜いた提案となってしまいました。

~これまで の あらすじ~
都心で4LDKを探したところ、新築マンションは高過ぎて断念偶然みつけた地下室付4階建中古事務所ビル(延べ床面積約170m2)の購入を決断。(今、振り返っても普通ではない判断です)。売主から頂いたローン締結までの猶予期間は10月末から12月までの6週間。自らリノベーション会社7社にコンタクトして、行動開始から約2週間弱の成果として5社よりリノベーション提案を受けられることになりました。5社からの見積書を受領すべく各社と事前打ち合わせを繰り返しているところです。

今回の話  進展のあったところ

リノベーション相見積 進捗管理表 11月19日(火)時点
No 会社名 担当者 RC4taniからの
初回アプローチ
同返信
(From
リフォーム
会社)
現地調査 要望確認日 要望確認日第二回 提案・見積提出日
1 野村不動産パートナーズ 一級建築士 10月26日(土)Web 10月27日(日) 11月1日(金) 10月28日(月) 11月19日(火)20時
2 パナソニックリフォーム 営業+社外設計事務所 10月28日(月)Web 10月31日(木) 11月7日(木) 11月9日(土) 11月17日(日) 11月30日(土)13時予定
3 東京ガスリモデリング 二級建築士男女ペア 10月28日(月)Web 10月29日(火) 11月7日(木) 11月8日(金) 12月1日(日)10時予定
4 三井不動産リフォーム 10月28日(月)Web
東急ホームズ 二級建築士 11月10日(日)Web 11月11日(月) 11月12日(火) 11月20日(火)予定
スタイル工房 一級宇建築士 11月10日(日)Web 11月11日(月) 11月12日(火) 11月16日(土) 12月1日(日)16時予定
大和ハウスリフォーム 11月11日(月)TEL

さて、これまでリノベーション会社と20日間、会話・打合せを行ってきましたが、いよいよ、リノベーション会社5社よりリノベーション提案書・見積書を頂く段階に入ります。

1.仕事とは(発注者側の視点)

さてリノベーション会社5社からの提案を受領した話をする前に、改めて「仕事」について発注者の視点で考え方をまとめておきたいと思います。

私の仕事もそうですが、経緯、現状、事情、やりたいこと等と一緒に各種資料を見積依頼先に提示して、更に数回の打合せをした「努力」の結果として、見積依頼先から提案・価格が自分の目の前に出てくる瞬間は、これまでの苦労を忘れさせてくれる瞬間です。

全ては良い提案を受けるためにやってきたことです。
如何に自分の担当している案件を面白くて魅力的な仕事に見せることが出来たか?」についての評価が下されるということです。 (受注者側の対応についての批判する前に、発注者側として、見積依頼先に「期待されているな」と思わせる努力が重要ということです)。

受注者側のリノベーション会社の方も仕事としてリノベーションに取り組まれています。個人的にはリノベーションのお仕事は自分の力量次第で素晴らしい提案も出来ますし、顧客の反応も直に見れて面白い仕事と感じます。

しかし一般的な仕事のうち、1日の仕事において95%程度は面白くないもので構成されています。ルーチンの部分も多いです。そのようなつまらない部分は、不平不満を言わず、効率的に素晴らしいスピードで対応するのが仕事だと考えます。そのような95%がある一方、残された5%程度の部分、つまり、本当にクリエイティビティを求められるような仕事、誰もしたことがないような仕事、若しくは自分が初めて担当する仕事、自分にとっては難易度が高いと思われる仕事。この5%に相当する仕事・チャンスに直面した時、優秀な方はその仕事に「燃える」ものです。やる気を出して頂けます。そのような場合に出てくるOutputは良いものとなります。

2.野村不動産パートナーズからのリノベーション提案書・見積書を受領したが残念な結果に。

私の案件は野村不動産パートナーズにとって「面白いはずだ」。

そう期待を込めて平日火曜日、夜20時に野村不動産パートナーズを往訪致しました。二度目の訪問です。出てこられた方は以前、お会いした1級建築士の方。
提示されたものは、見積書とA3横書きの15枚程のプレゼンテーション資料、簡単な手書きレイアウトです。これら一式は、私は初めて見るものです。初めて目にする自分が購入する物件のリノベーションプラン。

うーん。体裁は整っています。初めて見るので私の予算では厳しいということも理解出来ます。
が、しかしです。心に響くものが全くありません。感動しないのです。理由は簡単です。見積書や資料、話のトーンに気合、魂というものがこもっていません。担当者から、うざく熱いトークや、バイタリティの塊のオーラというものが出てこないのです。

私もB to B (Business to Business)の仕事をしている人間です。手を抜いた仕事というものは分かります。

正確に申しますと、野村不動産パートナーズは1社目なので、この時点では確信とまではなっていなかったのですが、切り貼りした資料で素人向けに「まぁ、この程度で投げておいて、くらいついてきたらありがたいな」という雰囲気が出ているのです。

こちらも、野村不動産パートナーズの方に、無償で当物件の現地調査、積算、資料作成を行って頂いていますので、感謝の言葉を述べつつも、「一旦、持ち帰って妻にも説明します」という、社交辞令100%のセリフを述べてこの日の打合せを終えました。

その夜、妻にも状況は説明しましたが、どうにもこうにも動きようがないね ということで、残りの4社の提案に期待しようという結論に至りました。

3.リノベーション提案書を受領後の、リノベーション会社の心境の自己分析

なぜ野村不動産パートナーズが当物件に興味を持って頂けなかったか?
大手不動産系リフォーム・リノベーション会社ということで、こちら側の期待は高かったものの、予算単価(万円/m2)が当時、野村不動産パートナーズ(当時の野村不動産リフォーム)がHPで掲げていた目安10万円/m2の約70%程度で話をしていましたので、お金がないということで興味を示して貰えなかったのだと今では整理しています。

現在、改めて冷静に考えれば無駄に現地調査までさせてしまったなと申し訳ない気持ちで一杯になりますが、当時は無知でしたので、自分の低予算度合はそれ程気にもしておらず、単純に野村不動産パートナーズからは力を入れた提案をして貰えなかったとだけ感じていました(まだ1社目でしたので・・・)(次は「対策を講じる」です。次ページ『(41)東急ホームズとのリノベーション打ち合わせ』へ)

 

ブログ管理人プロフィール

ブログ著者からのご挨拶/中古事務所ビルを『2割』値引きして購入後、住宅にコンバージョン(リノベーション)して住んでいます

リノベーション
こんにちは、RC4taniです。 福岡県出身。 総合商社に勤める都内在住のサラリーマンです(40歳代前半)。 100m2超の新築マンションは高過ぎて購入を断念。視野を広げて、中古の狭小事務所ビルを購入後、住宅にコンバージョン(リノベーション)して東京・山手線内側に170m2の戸建てマイホームを手に入れました。 >>続きを読む