(213)ミサイルからの避難場所としての当家の地下室/資産価値2倍?

中古ビルを購入してリノベーションして住んでいるRC4taniです。

今更ながらですが、8月のJアラートは怖かったですね。『頑丈な建物や地下に避難して下さい』との突然のアラート。仕事の都合で東北地方に滞在していたのですが、田んぼばかりのこの土地に地下なんてねーよ!とちょっと涙目になりました・・・。

さて、このリノベーションブログを読んで頂いている方はご存知の通り、当家(東京)は地下室付きの事務所ビルをリノベーションした物件です。地下室は音楽室とトレーニングルームというお気楽用途で使っていますが、「あれ、当家の地下室はミサイルからの避難先としてもいいんじゃないの?」と思い始めました。安全・安心の評価次第では、地下室のある当家の資産価値って2倍程度で評価しても良いのかなぁ、などと思い始めました。

私のリノベーションブログに9月に入ってミサイル絡みか「地下室」での検索来訪者が増えておりますので、当家の地下室の構造、費用について簡単に再紹介させて頂きます。

1.核攻撃からの避難場所のガイダンスと地下室の高い防護性

Levels of protection from radiation that various buildings and locations offer. Lawrence Livermore National Laboratory/FEMA

上は米連邦緊急事態管理局が作成した図です。建物のどこが核攻撃からの防護能力が高いかを示したものです。数字が大きい方が防護能力が高いことを示しています。

核爆弾が投下された際、頑丈なレンガかコンクリートで出来ている窓の無い建造物や地下貯蔵庫、地下室、半地下に隠れると、放射能被ばく量は屋外にいるときの200分の1になると発表されています。

日本ではこのようなガイダンスを見たことがないのですが、アメリカという国は様々なことを考え、発表しているという点で驚きますね。

2.当家の建物構造と地下室

 

⇒この物件のリンベーション間取り説明ページ『(204)当家のリノベーションの間取り。徹底解説』へ移動する

当家のリノベーション前の間取り図と建物の構造(配筋図)は上の通りです。
地下室は全く窓のない地下室で、いわゆる全地下と呼ばれるものです。

3.米連邦緊急事態管理局のガイダンスと当家の比較

もともと事務所をリノベーションした建物ですので、建物はRC造となっており頑丈に作られています。RC造の建物は非常に重いので、杭基礎が地面下17mまで打ち込んであります。

私の勝手な判断ではありますが、この地下の防護能力はイラストでいうところの「100」というところに該当するのかなぁと考えています。

4.当家の地下室込の建物費用総額は7,000万円(延床52坪)

ブログのどこかで説明しているはずなのでずが改めて。
前オーナー様が事務所として使用されていたこの建物、建物だけの建築費は資料を見ますと7,000万円です。そのうち、地下室のみの建築費用やおおよそ1,500万円程度と推測しています。地下室の面積は35m2(10.6坪)なのですが、土圧に耐えうる必要があるので地下室だけで150万円/坪は費用が掛かっていると理解しています。

【地下室があってもね】

言わずもながなですが、戦争がない平和な世界が一番です。多くは望みません。平和と健康、この二つに勝るものはないといつも思っています。

5.おわりに

東京は非常に地価が高いです。都心にある当家の近隣にも半地下や全地下の地下室がある戸建て住宅が結構あります(ドライエリアがあるので分かります)が、ミサイル攻撃からの避難先という用途として考えはじめなければならないということは非常に残念だと思います。繰り返しとなりますが、平和に勝るものはありません。

本日は『(213)ミサイルからの避難場所としての当家の地下室/資産価値2倍?』というお話しでした。地下室については幾つか関連記事がありますので参照して頂ければ幸いです。
関連記事 (138)RC造メリット、デメリット。地震に強い家の基礎構造、地下室付きRC造(鉄筋コンクリート造)4階建て
関連記事 (174)「地下室のある家」のメリット・デメリット、事前準備と住んでみてはじめて分かったこと


 

ブログ管理人プロフィール

ブログ著者からのご挨拶/中古事務所ビルを『2割』値引きして購入後、住宅にコンバージョン(リノベーション)して住んでいます

リノベーション
こんにちは、RC4taniです。 福岡県出身。 総合商社に勤める都内在住のサラリーマンです(40歳代前半)。 100m2超の新築マンションは高過ぎて購入を断念。視野を広げて、中古の狭小事務所ビルを購入後、住宅にコンバージョン(リノベーション)して東京・山手線内側に170m2の戸建てマイホームを手に入れました。 >>続きを読む