(240)携帯用広角レンズで玄関を改めて撮影してみました!

「中古ビル」を購入してリノベーションして住んでいるRC4tani(@rc4tani)です。

これまで玄関の写真はリノベーション竣工時にプロの方が撮影した写真を使っていましたが、携帯用の広角レンズを購入して撮影したところ、撮影できる範囲が広くなり面白い写真が撮影出来ました。

玄関のリノベーションを検討されている方に、何らかのお役に立てれば幸いです。

1.5.3畳の玄関(ホール+土間)

5.3畳の玄関
5.3畳の玄関(洗面所ドア付近より撮影)

携帯電話(Android)にクリップ型広角レンズ(2,680円)(amazon)を付けるだけで画角の広い玄関写真が簡単に撮影出来ました。今まで上手に玄関の広さを説明できなかったので嬉しいです。

さて、当家の玄関図面は以下の通りです。

5.3畳玄関の図面
5.3畳玄関の図面

気に入っているのは、何度も玄関框の曲がり(アール)を検討して、微妙な割合でホールと玄関(土間)部分を分けたことです。広さはホール(フローリング箇所)は2.4畳、玄関(土間)は2.9畳。少しだけ玄関側が広いですね。

2.玄関とホールの黄金比(2.9:2.4)

玄関とホールの黄金比
玄関とホールの黄金比

玄関とホールの黄金比があるのかわかりませんが(笑)、当家は玄関:ホール=2.9:2.4の比率です。ただ当家の写真をみても単純には評価できないと思います。理由は玄関框がアール(R)だからです。

3.アール框が作る個性ある玄関

アール框が作る個性ある玄関
アール框が作る個性ある玄関

玄関鏡前のコーナーから撮影した写真が上の写真です。
どうですか、ちょっとした飲み屋にも負けない全長3mを超える玄関框(アール)。当家は5人家族ですが、靴が10足も並んでいます、なんだか飲み屋みたい(笑)。妻の靴が3足出ていますので玄関に靴を出すのは1足にして頂きたい!

さて、こんな玄関も私が中古事務所ビルを購入することを検討していた内覧時の写真は下の写真です。この事務所仕様の見えている場所が、玄関とWISCとトイレにリノベーションされました。現在の玄関も曲線框があって個性的な玄関だとは思いますが、リノベーション前の玄関も個性的ですね(笑)。

リノベーション前の事務所入り口
リノベーション前の事務所入り口

改めて見てみると良くも、このような中古事務所を購入したものだと自分の感性に驚きます。

4.玄関のリノベーション記事

本日は『(240)携帯用広角レンズで玄関を改めて撮影してみました!』というお話でした。最後までお付き合いありがとうございました。

当家の玄関の記事だけを集めた「玄関カテゴリーページ」がありますので他の記事も読んで頂ければ幸いです。

玄関のリノベーション記事だけを集めたカテゴリーページへ移動する

 

ブログ管理人プロフィール

ブログ著者からのご挨拶/中古事務所ビルを『2割』値引きして購入後、住宅にコンバージョン(リノベーション)して住んでいます

リノベーション
こんにちは、RC4taniです。 福岡県出身。 総合商社に勤める都内在住のサラリーマンです(40歳代前半)。 100m2超の新築マンションは高過ぎて購入を断念。視野を広げて、中古の狭小事務所ビルを購入後、住宅にコンバージョン(リノベーション)して東京・山手線内側に170m2の戸建てマイホームを手に入れました。 >>続きを読む