洗面台はシステムより造作が絶対にオシャレ!

日本の木と紙の文化は外国人から見ると非常に珍しく、京都のお寺や和紙などは人気がある日本の文化です。

一方、同じように日本人から見ると海外の石の文化は珍しく、且つ、オシャレに見えます。一種の憧れにも似た感覚があろうかと思います。
そのため、住宅の内側にレンガやブリックタイル、ガラスタイルなどを、少しでも採用すると、非常にオシャレに見えます。

当家では、LDK、玄関、トイレ、洗面所にそれぞれブリックタイル、エコカラット、ガラスタイルを採用してみました。これらを目にするたびに、新築マンションを買うのではなくリノベーションでこだわりのある住宅にして良かったと感じています。

 

モザイクタイル ガラスタイル 名古屋モザイク

(122)名古屋モザイクタイル施工事例(ガラスタイル)と費用/ダブルボウル洗面台

新築マンションは高過ぎて諦め、中古事務所ビルを購入後、住宅にコンバージョン(リノベーション)して住んでいるRC4taniです。 本日は、オシャレで人気の名古屋モザイクタイル(ガラスタイル)を活用したダブルボウル洗面台のリノベーション設計詳細と費用について説明します。 LED間接照明と組み合わせることで、ガラスタイルの透   >続きを読む
造作洗面所 幅760mm(3階)

(150)幅760mmの小さな洗面所(造作)

中古ビルをフルリノベーションして都心に住んでいるRC4taniです。事務所ビルの内装を完全にスケルトン状態にした上で住宅(居宅)に用途変更しました。 本日は3階の寝室に隣接するトイレを造作する際に、その手前に設置した小さな洗面所(造作)について、経緯、費用、サイズ、デザインを説明致します。 この小さな洗面所、リクシルの   >続きを読む
幅200㎝の洗面所の収納力

(181)幅200cm 大きな1枚鏡のある「おしゃれ」なダブルボウル洗面化粧台の収納力!

「中古ビル」を購入してリノベーションして住んで居るRC4taniです。 本日は先日のリネン庫の話に続き、1階にある幅200cmのダブルボウル洗面所の収納力について説明したいと思います。   >続きを読む